本文へスキップします。

MENU

ひとにやさしい銅

銅は健康に欠かせない"栄養素"です

人間の体のなかにも、銅があることを知っていますか? 銅は、ふだん口にする多くの食品から摂取され、わたしたちの健康に重要な役割を果たしています。

知ってましたか?「銅は大事な栄養素」

ミネラル・銅  健康に欠かせない「ミネラル・銅」

私たち人間の体には約80~100mgの銅が含まれています。銅は「必須微量元素」と言われ、体の中で血液を作る、骨や血管を正常に保つ、脳の働きを助けるなどの大切な役割を果たしています。ふだん体に必要とされる銅は1日約2mgで、バランスよく食事を摂れば自然に補うことができます。ちなみに銅が多く含まれる食品はカキやレバー(20~30mg/kg)、穀類や豆類、木の実などにも含まれています。

サンプル

栄養機能食品  「栄養機能食品」成分として銅が認定

2004年3月、銅は厚生労働省によって「栄養機能食品」として表示ができる栄養成分のひとつに定められました。栄養機能食品とは、高齢化やライフスタイルの変化等により、1日に必要な栄養分を摂れない場合、その補給・補完のために利用する食品のことです。ひとの生命活動に不可欠な栄養素として、ミネラルが銅を含めて5種類、ビタミンが12種類定められています。

サンプル

粉ミルクへの添加  赤ちゃんの成長を助けるため「粉ミルクに銅」

発育の盛んな赤ちゃんは、銅を必要としています。新生児の銅含有量は大人の2~3倍。また出産後1か月くらいまでのお母さんの母乳には、45μg/100mℓ程度の銅が含まれているのです。そのため赤ちゃんに飲ませる粉ミルクには銅が添加されています。粉ミルクの銅添加量は320μg/100gで、これを標準的な14%の調乳液にすると45μg/100mℓになります(大手粉ミルクメーカーの例)。非常にわずかな量の銅ですが、赤ちゃんの健康に育つために大きく役立っています。

サンプル